わきがが臭い理由

わきがとは脇から出る無視できない程の気になるにおいが発生することです。
基本的に脇の下から嫌なにおいがした場合にはこのわきがが発生してしまっている体質になっているといえるでしょう。
そのにおいは様々なものに例えられますがどれも共通してネガティブなものであり決していい意味で見られることはありません。
時には強いにおいで自分だけでなく周りにも悪い影響を与えてしまうこともあるのです。

このわきがによってにおいが発生する仕組みはわきに存在するアポクリン腺と呼ばれるものが原因となっています。
このアポクリン腺自体は決して嫌なにおいを出す汗を出さないのですが、この汗が皮脂を始めとした様々な細菌が含まれているものが混ざるとそれが分解されてその嫌なにおいが生まれます。
これもアポクリン腺の汗が細菌にとって都合のいい存在であるため結果的にアポクリン腺が原因になってしまうというわけです。

このアポクリン腺は人によってその状態が違ってきて多く存在して発達している人もいれば少なく発達もそこまでしていない人もいます。
数が多ければ発達が強ければその分わきがも発生しやすくなるため脇が嫌なにおいになりやすい方はこのアポクリン腺が強く発達している考えられます。
この仕組みから考えてわきがの問題を解決するにはどのような対策をすればよいのでしょうか。

アポクリン腺は手術によって取り除くことができ、受ければわきがの問題自体を解決することができますが実際に手術はどのようなものになっており、受ける場合にはどのような欠点があるでしょうか。